ON THE WALL ” PAPAYA “

2015.03.08 Sunday

EASTWESTみたいに、たくさんのポケットがついたバッグは、リビングの壁に無造作に掛かっていると、まるでウォールポケットのようにも見えます。
本来なら機能すべきものをデザインとして使用したEASTWEST。その独創性と遊び心に魅了されますが、身に付ける人間にとっては、その使い道を考えるのも一つの楽しみだったのかもしれません。
空間に馴染んでいながら、どこか存在感のある植物のような、そんなイメージをもとに作ったのが、この” PAPAYA “です。
仕様はトートとショルダーバッグの2wayですが、SACK ”袋”と言ったほうがいいような曲線的なラインも特徴的です。
中厚の6号,8号と薄手の10号帆布を部分的に使いわけ、柔らかくふっくらとした風合いに変化する帆布のイメージをマッチングさせました。
上部を簡単に二つ折りにたためばメッセンジャーバッグとして、また中に収納すればニュースペーパーバッグのように使用することもできます。あえて短めに設定したショルダーは斜めがけ、肩がけのどちらにも対応します。
要所要所に施したステッチワークは飾りと補強を兼ねます。

comments(0)

0 Responses to ON THE WALL ” PAPAYA “

コメントはまだありません。

Leave a Reply

Name
E-mail
Comments

Archives
Category