A LITTLE BIG POUCH

2013.02.27 Wednesday

昔から古着が好きで、それがきっかけで今の職業についているわけですが、そういうものに全く興味がない人からはなぜそんな高いお金を払ってわざわざ古いものを買うのかよく聞かれます。

何せ古着のその雰囲気が好きなのですから仕方ないのですが、それがどこからくるのかというと、細かい作り方であったり、使っている生地の素材感であったり、昔はモノ作りにかける時間が今よりもずっとあったわけですから、それら全てを含めたオーラに出会った時、やっぱり感動してしまいます。

 帆布(ハンプ)という素材も歴史はデニムよりも古く、LL beanに代表されるトートバックのようにその頑丈さからさまざまなものに使用されますが、私自身は使い込んでキナリ色の生地が少し日焼けして、汚れてしまったりするその時間の経過による味が好きです。多少荒々しく使っても、ビニールやナイロンにはない味わいが帆布にはあります。

 少し大きめのポーチですが、ワンウォッシュした9号帆布を使用し、底のマチ部分にはレザーをあてがっています。マチを広めにとっていますので、たくさんモノを入れるのも良いですし、クシャッと使っていただいても結構です。

 Mantaというよりパンダのような、少し大きめのポーチです。

 

サイズ:タテ17cm×ヨコ22cm×オク15cm

※サイズ、スタッズなどカスタム可能ですので、別途ご相談ください。

comments(0)

0 Responses to A LITTLE BIG POUCH

コメントはまだありません。

Leave a Reply

Name
E-mail
Comments

Archives
Category