” MY COLOR “

2014.07.07 Monday

好きな色は?と聞かれることなんてそう多くはありませんが、それを意識的に考えると僕にとって大切な色は青色です。

 

大きなことを言いますと、海の青や空の青、そして大切なジーンズのインディゴの青。

深いブルーや淡い水色、青にも色々あります。

 

自分に似合う色と、自分の好きな色って決して一致するものではありませんが、好んで着用し続けていると自分の色になってくると最近は思います。

だから、今はそうでなくても、いつか自分の色にしたいという願望があります。

 

ずっとタンスの中に閉まってあったインディゴのショーツを引っぱり出してリメイクしました。

comments(0)

LAUGHING BOY TOTE

2014.06.12 Thursday

帆布のトートバッグの良さは頑丈さと、そのシンプルさに尽きます。

LL Beanのいつものお気に入りのトートバッグ、、、自転車に乗って出掛けるには少しだけ使い勝手が悪いと感じていました。

たくさん荷物を入れた時なんか特に、バランスなんてとれません。

 

普段はシンプルなトートとして使用でき、なおかつ自転車に乗る時はそのままバックパックにもなる、そんなわがままな欲望から生まれたのがこの”Laughing Boy Tote”です。

そのままトートバッグの形を残したかったのは、もしも80年代のスケボー少年が通学用のトートをカスタマイズしたら、こんな風になってしまっただろうというイメージから。

好きなものをありったけ詰め込んで外に飛び出す、、、きっと教科書なんて入ってなかったにちがいありません。

 

素材は6号帆布を使用しておりますので重量感があります。

そして、使用とともにいいヤレ感が出てきます。

内側にポケット、バックパックとして使用時に取り外し可能なショルダー、ファスナーによる開閉式となります。

comments(0)

DENIM REMAKE TOY DOG

2014.01.03 Friday

小さい頃に出会ったぬいぐるみの記憶は大人になってしまうとほとんど残っていませんが、その当時は初めてできた友達のように大切に思っていたに違いありません。

きっとすぐに車のオモチャやゲームが欲しくなるに違いありませんが、ほんの短い期間であってもぬいぐるみは側に置いてあげたいもの。

 

例えば穿かなくなってしまったリーバイスを解体して、犬のぬいぐるみを作ってみる。

これで息子は遊んでくれるだろうか?と一瞬考えてみるけど、出来上がってみるとなんだか自分の思い入れのほうが強くなっているのに気付く。だって自分の思い出のジーンズだもの…。

まあ、それはそれでよし。

二人分の思い出が詰まったぬいぐるみは、きっといつまでも大切にされるでしょう。

 

※写真はヴィンテージのリーバイスを使用した場合の参考商品です。

 あくまでも一点ものですので、お客さまのジーンズの状態によって出来上がりに差が生じますことを予めご了

 承ください。 

 

 

 

 

comments(0)

HAPPY NEW YEAR..

2014.01.02 Thursday

明けましておめでとうございます。

 

尾道に拠点を移して、はや半年。月並みですが時間が経つのはほんとに早くて、三月に産まれた息子の成長の早さにも驚かされています。

 

ここ尾道に住んでいると、いつも身近にお寺があって、その神聖な雰囲気が気持ちを引き締めてくれます。

 

町の時間はゆっくりと流れているように見えますが、日々生活をしていると一日はあっという間に過ぎ去っていきます。

 

一日一日を大切に、今年はより一層モノ作りに励んで参りたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

comments(0)

” LIFE IS A CANVAS .. “

2013.12.03 Tuesday

ある土曜日の過ごしかた、、

忙しかった平日を忘れるため郊外を飛び出し、静かな森に入る。

ただ自然を満喫したくてとことこ歩き続け、ながい森をぬけた小さな畑で気の良さそうな老人に声をかけられる。

しばらく世間話をした後、別れ際にカバンいっぱいの柚をもらう。

その使い方に頭を悩ませながら、ながいながい帰り道、包まれる柚の香りにふとささやかな出来事が幸せであることを感じる。この香りは、今もずっとこのカバンに残ったまま. . .

 あるいは、、別の土曜日。

オープン日を間違えてしまったパン屋で、ため息。 「1ヵ月後なんです…」と慌しく準備する若い店員。

気を取りなおして1ヵ月後、、、今度はなんとまさかの売り切れ。

ションボリ、、ドアを閉めようとすると見覚えのある若い店員が、「必ず来てくださると思いました。カバンの” B “憶えてました。」 差し出したのは、お目当てだった店一押しのフランスパン。

どんよりした曇り空が、一変して明るくなった。

 

” LIFE IS A CANVAS SERIES “ は、そんなヒトとカバンのストーリーを勝手に想定したり、あるいは使うヒトの人生を写しだすようなモノを提案していくシリーズです。

comments(0)

STAMPING LEATHER COLLARS

2013.04.03 Wednesday

これまでハーフチョークしかなかった犬用の首輪にオールレザーのカラーを追加しました。

 

スタンピングという技法を使って革に模様付けを行っています。

適度に湿らせたタンニンなめしの革の可塑性(変形したあと元に戻らない)を利用し、小さな刻印の柄を組み合わせてただひたすら同じ作業を繰り返していきます。

単純な作業でも、力加減、刻印の傾け方などちょっとしたことが出来上がりに大きく影響します。

手間と時間はもちろん必要ですが、プリントとは異なり革の表面の立体感が華やかさと高級感を生み出してくれます。

 

形は、ちょっと紳士的な蝶ネクタイをアクセントにしたタイプと幅広のベースにスタンピングとスタッズを組み合わせた2種類のタイプがあります。

スタンピングとスタッズの組み合わせも40~50年代のベルトなどに見られるものですが、経年変化するとどちらも何ともいえない味を出します。

 

もちろんどちらもカスタムなど可能です。商品の詳細は、STOREページよりご確認ください。

comments(0)

MANTA SLOPE TOTE

2013.03.10 Sunday

ヴィンテージのツールバッグ(工具入れ)から着想を得て、Manta Finest Tools的に解釈したトートバッグを完成させました。

 LL beanに代表される通常のトートバッグは両脇に生地の継ぎ目があり、生地巾やその作り方などよく考えられたものだと感心します。SLOPE TOTEは、この継ぎ目をバッグの正面に向かって左右斜めに入れることで少しでも荷物の負荷を軽減することと、また少量の荷物の場合にバッグの口を美しくロール(折り返し)することを可能としています。 

 収納面においては、外側と内側にあわせて計12個のポケットを設置し、たくさんの荷物を入れることはもちろん、少しでも出し入れが容易となるようにポケットに段差や角度をつけるなど考慮しています。そして、トートバッグの特徴の一つである長い取っ手は下部分を完全にステッチで固定せず、ところどころで開き(あき)を持たせることで、例えば傘など長いものを差し込んだり、キーチェーンを引っ掛けたりと様々な使い方が可能です。

 とにかく丈夫で、荷物がたくさん入ることを目的として製作したトートバッグですが、その使い方に一切決まりはありません。新しい使い方も、その人次第できっと見つかるはずです。

 

使用生地 ; 6号帆布(キナリ)  ※取っ手カバーはレザーを使用しています。

サイズ    ; 高さ40cm×ヨコ巾(底)38cm×マチ20cm

comments(0)

感謝を込めて

2013.03.01 Friday

初めてのお客様というのは、本当にうれしくありがたいものです。

オーダーいただいておりました商品がようやく完成し、昨日お客様のもとへ発送することが出来ました。

兵庫県在住のIさま、この度はブレスレットのオーダーいただきまして本当にありがとうございました。

長く愛用していただけることを願って、これからもモノ作りに励んでいこうと思います。

革は長く使用することによって味が出てきますが、たまにオイルを含ませてあげるとより一層味わい深くなり、革も長持ちするようになります。

ご不明な点などございましたら、何でも遠慮なくおっしゃってください。

 

 

 

comments(0)

A LITTLE BIG POUCH

2013.02.27 Wednesday

昔から古着が好きで、それがきっかけで今の職業についているわけですが、そういうものに全く興味がない人からはなぜそんな高いお金を払ってわざわざ古いものを買うのかよく聞かれます。

何せ古着のその雰囲気が好きなのですから仕方ないのですが、それがどこからくるのかというと、細かい作り方であったり、使っている生地の素材感であったり、昔はモノ作りにかける時間が今よりもずっとあったわけですから、それら全てを含めたオーラに出会った時、やっぱり感動してしまいます。

 帆布(ハンプ)という素材も歴史はデニムよりも古く、LL beanに代表されるトートバックのようにその頑丈さからさまざまなものに使用されますが、私自身は使い込んでキナリ色の生地が少し日焼けして、汚れてしまったりするその時間の経過による味が好きです。多少荒々しく使っても、ビニールやナイロンにはない味わいが帆布にはあります。

 少し大きめのポーチですが、ワンウォッシュした9号帆布を使用し、底のマチ部分にはレザーをあてがっています。マチを広めにとっていますので、たくさんモノを入れるのも良いですし、クシャッと使っていただいても結構です。

 Mantaというよりパンダのような、少し大きめのポーチです。

 

サイズ:タテ17cm×ヨコ22cm×オク15cm

※サイズ、スタッズなどカスタム可能ですので、別途ご相談ください。

comments(0)

Archives
Category